願掛けと縁結びについて詳しく見ていきましょう!

あなたは、「縁結び」という言葉についてどのようなイメージを持っていますか?「縁結び」と聞くと、恋愛のことを思い浮かべる人も少なくないでしょう。

しかし、実は縁結びには恋愛だけにとどまらず、ありとあらゆる豊富な種類が存在します。

例えば子宝に恵まれるかどうかは、あなたや配偶者と子供の間に縁が結ばれているかに委ねられます。

夫婦となったふたりが円満に過ごしていけるかどうかも、あなたと配偶者の間の縁が深く関わっているのです。

他人同士の男女の間だけでなく、親子や夫婦といった結びつきがすでに存在する人同士にも、縁結びはとても大切な要素となっているわけですね。

従って、神社での縁結び祈願や願掛けは、「神様にお願いして相手との縁を取り持ってもらう」ということなのです。

良縁を手に入れるなら下記ボタンをクリック!

良縁を手に入れる »

縁を結びやすくするための願掛けの極意

人の人生は様々な縁に溢れている

男女の縁を結ぶことだけが「縁結び」の意味するところではありません。

縁結びについて考えるにあたり、「縁結び」という言葉の中にある「縁」とはどういうものなのかを知ることも大切です。

「縁(えにし)」とは、人間関係全般を表しています。

恋愛・夫婦・親子・友人関係など、その詳細は色々な種類に分類されますが、「縁」は人と人同士のつながりすべてを意味しているのです。

そして、人の人生は実にさまざまな縁に溢れています。

どんな人と仲良くなって気の置けない友達となるのか、職場で一緒に仕事をしていく相手がどのような人物でいかにして上手くやっていくのか、誰と出会って恋人や夫婦となっていくのか…こうした人間関係は、すべて「縁」なのです。

親子関係や、子宝が自分の元へやってくるかも、「縁」が重要な要素となっているのです。

参拝する神社は目的ごとに違う

「素敵なご縁を授かりたい」、「良い縁を結びたい」。

そう思ったなら神社へ参拝して、神様に縁を取り持っていただくこともひとつの方法です。

ただ、考慮しておきたいのは、一口に「縁結びの神様」と言っても、神様によって得意分野があるということ。

男女の仲を取り持つことが得意分野の神様もいらっしゃれば、子宝関連が一番得意だという神様もいらっしゃいます。

結婚相手と出会いたいと強く願っている人が、子宝を得意とする神様のもとへお参りに行っても、思うように効果が出ませんし神様も困ってしまいますよね。

そのため、神社にどんな神様がお祀りされているのかをよく調べてからお参りするようにしましょう。

どんな縁を結んで欲しいのか、その効果や目的によってお参りする神社を選ぶことがポイントです。

確実に縁を結ぶ

↓シェアしていただけると嬉しいです♪↓

関連記事もご一緒にどうぞ♪