片思いを成就させていくための縁結びについて

「縁結び」という言葉の意味するもののうち、最もポピュラーなのは「男女の仲を結ぶ」ということではないでしょうか。
では、そもそも男女の仲を結ぶ「縁結び」は、どこから始まったものなのでしょうか?

男女の縁にまつわる歴史を紐解くにはかなりの長い年月を遡る必要があり、その始まりは日本神話において国譲りが行われた時だとされています。
出雲大社に現在お祀りされている大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)は、日本を国造りした後、高天原より降りた皇孫(皇室)に国を譲ります。

それにより、顕事(あらわにごと…現世の政治)は皇孫が、大国主大神は神事(かみごと…幽世とも言い、神や霊魂の世界のこと)を治めることになりました。
そして旧暦10月には神々が出雲に集まり、神事のひとつである男女の縁を話し合って決めることとなったのです。

良縁を手に入れるなら下記ボタンをクリック!

良縁を手に入れる »

恋愛の縁結びで片思いを実らせるには

恋人や結婚相手に出会いたい、意中の男性と結ばれたい人へ

「縁結び」という言葉が男女の仲を結ぶことを連想させるのは、やはり人生における恋愛や結婚が大きなイベントであり、ウェイトを占めているからではないでしょうか。
実際に、縁結びの神様がお祀りされている神社には、「現在独身で、素敵な恋人や結婚相手と出会いたい」という思いや「好きな相手がおり、その人と結ばれたい」という願いを持った人々が足を運んでいます。

誰かを好きになるということは自分にとっても大きな変化であり、人としての成長を遂げる機会でもあります。
年齢を重ねるにつれ、好きだという気持ちだけではなく相手と添い遂げたいという思いも強くなっていくでしょう。

こうした人生において大切な恋愛や結婚、そして誰かを愛したいという願いを成就できるように神様にお願いすることも、縁結びの神様へお参りする目的のひとつとなっています。

努力が足りなければ失敗に終わることもある

恋愛や結婚がしたい、意中の人と結ばれたいという思いを縁結びの神様に祈願するだけでは、必ずしも成功するとは限りません。
良い人に巡り会ったり告白が成功したりするかどうかは、自分自身で努力することも必要不可欠だからです。

神頼みをしたからといって、言動や身だしなみに油断し相手への思いやりが欠けてしまうと、相手から魅力的な人物だと思ってもらえずにいつまで経っても恋愛が成就しない辛いパターンに陥ってしまいます。

神様は「私たちの願い事を叶えてくださる」というよりも、「願い事を叶えるために努力しているかを見守っておられる」立場であると言った方が良いでしょう。
神様に縁結びのお願いをするだけでなく、自分を磨いて人を思いやれる人物になることが大切なのです。

確実に縁を結ぶ

↓シェアしていただけると嬉しいです♪↓

関連記事もご一緒にどうぞ♪