持ち方を正しく知ってお守りの効力を最大に発揮しよう

お守りの持ち方としては「複数持ってはダメ」という意見がありますが、複数のお守りを持っていても、原則として問題はありません。
神様は喧嘩しないので複数持っても、お守りの効果や開運効果が落ちることはありません。

ただ、複数持つことでお守りの扱いが雑になるのは良くありません。どのお守りも大切に、丁寧に扱うようにしましょう。
御札を複数持つ場合も同じです。複数ある場合でも汚れないよう、丁寧に扱ってください。

また、埃などが付かないよう定期的に、埃を払うようにしましょう。
お守りも御札も丁寧に取り扱うことで、神様とのご縁が深まります。

良いご利益を受けるには、こうした気遣いを忘れないようにしてください。
お守りをコレクションする場合も同じです。
集める場合は、きれいな箱などにしまい、時期がきたらひとつずつ(いただいた寺社)へお返しするようにしましょう。

良縁を手に入れるなら下記ボタンをクリック!

良縁を手に入れる »

お守りの効力を高める正しい持ち方

種類別の正しい持ち方は?

種類別の正しい持ち方ですが、お守りは「つける場所」に注意する必要があります。
例えば、学業のお守りはペンケースに付けるようにしましょう。

また、金運のお守りは財布に入れて、毎日持ち歩くようにします。このほか、交通安全のおまもりは、自動車のキーホルダーや社内に置くようにしましょう。
交通安全のおまもりをランドセルに付けて、通学の安全を祈願することもできます。

お守りの種類に合わせて、付ける場所を考えてみてください。寺社によっては、あらかじめ「この場所に付けてください」と教えてくれることがあります。
付ける場所が分からない場合は、寺社で質問しても構いません。

正しい場所にふさわしいお守りを身に付けるようにします。また、シールタイプのお守りや飾るお守りや御札があります。
この場合は、寺社で「正しいとされる場所」に置くようにしてください。

お守りを保管する場合は?

お守りを保管する場合は、きれいで光の入らない場所(箱などがベスト)に入れるようにしましょう。
基本的に、机の中に入れっぱなしは良くありません。また、日が当たりすぎてお守りの袋が日焼けしたり、傷んでしまうのも良くありません。

お守りの中には、神様が宿っています。寺社で受け取ったときと同じように、大切に扱うようにしましょう。
自宅に半紙があれば、半紙に包んで持ち歩くと安心です。

紙製の御札などは、汚れや水で濡れないように、半紙でくるんでから小さなビニール袋(ラップでもOK)に包めば安心です。
水に濡れたり汚れによる破損が心配な場合は、あらかじめラミネート加工されたものや、袋に入ったお守りを授かりましょう。

確実に縁を結ぶ

↓シェアしていただけると嬉しいです♪↓

関連記事もご一緒にどうぞ♪