参拝の方法を知って守らなければいけない作法を知ろう

神社やお寺には参拝するために、守らなければいけない作法があります。
それは、服装に関することです。露出の多い服装でお詣りするのは、神様にとっては失礼にあたります。

タンクトップや短パン、サンダルなどでお詣りをするのは、なるべく控えましょう。露出度の高い服を着る場合は、上着を羽織るなど工夫してください。
また、帽子を被っている場合は、参拝の前に帽子を取ってからお詣りをします。

ご利益を目的にするのではなく、いつでも「神様に失礼のないよう」に行動や服装に気をつけ、お詣りをしてください。
また、難しいかもしれませんが、お詣りの際には清潔な状態で訪れるようにしましょう。
事前に入浴をしておいたり、爪は短く切っておくと「なお良し」とされています。

良縁を手に入れるなら下記ボタンをクリック!

良縁を手に入れる »

マナーをきちんと守って参拝しよう

願いを叶えるにはしっかりと作法を守り参拝するように

願いを叶えるには、しっかりと作法を守り参拝することが大切です。
こちらは、あくまでお願いする立場なので神様に失礼の無いようにしましょう。

鳥居をくぐる時には真ん中では無く、鳥居の右か左側を通るようにします。
これは、鳥居の真ん中は神様がお通りになられるからです。

また、鳥居をくぐったら、境内の水場で手と口を洗い清めるようにしましょう。
水場で柄杓を使った後は、柄杓の柄にも水をかけて清めておきましょう。

そして、神様にお詣りをする際には心を落ち着けて、清らかな気持ちで手を合わせるようにしましょう。
寺社によってお詣りの仕方や作法は、それぞれ異なります。

拝殿前に、正しい参拝の仕方が表記されているので、マナーに沿ってお詣りをしてください。
参拝の仕方が書かれていない場合は、受付で尋ねるようにしましょう。

参拝作法以外にも祀られている神様の名前を覚えておく

参拝作法以外にも、祀られている神様の名前を覚えておくようにします。神社は神様の家です。
このため、御祭神様の名前を知らないまま、寺社(家に上がり込む)のは良くありません。

それぞれの寺社をお詣りする前に神様の名前を覚え、祈念するようにしましょう。
はじめて訪れる場所で、神様の名前が分からない場合は「寺社のしおり」を見ながらでも構いません。
それぞれの神様の名前を心の中で唱え、自分の氏名、住所、生年月日を唱え、お詣りを行ってください。

正しく祈念すれば、必ず良いご利益が受けられます。また、願いが叶った後は、お礼参りも忘れないようにしましょう。
きちんとしたマナーを守れば、神様も喜んで「良い方向に進めるよう」願いを叶えてくださるでしょう。

このほかにも、自分の願いだけでなく神様の繁栄と幸福、訪れた寺社の繁栄と「お詣りした方の願いが叶いますように」と付け加えると、より願いが叶いやすくなります。

確実に縁を結ぶ

↓シェアしていただけると嬉しいです♪↓

関連記事もご一緒にどうぞ♪