箱根神社の概要と、縁結びのご利益について

神奈川県の箱根神社には、非常に強い縁結び効果で知られている九頭龍神社の新宮があります。

芦ノ湖の湖心近くの本宮から、分霊を奉遷したものとして知られています。

奈良時代に湖に住んでいた「九頭の毒龍」を調伏し、神様として奉り始めたという、とても長い歴史を誇っています。

この神社の御利益として、特に有名なのが「縁結び」。

新宮内にある「龍神水」という湧水は、箱根山から流れ出ており、口に含むことで不浄を清めて、良いものを引き寄せることが出来るとされています。

この龍神水もまた、縁結びをはじめとした恋愛運の上昇において、大きな力を貸してくれると言われているのです。

湧水を自由に飲めることはもちろん、持ち帰り用の特製ペットボトルも販売されています。

良縁を手に入れるなら下記ボタンをクリック!

良縁を手に入れる »

縁結びの御利益が見どころの箱根神社

縁結びの御利益その1:厄落とし

箱根は、芦ノ湖畔を中心として、400本余りの杉並木が豊富に残っている土地として知られています。

子宝を求めて参詣する安産杉も有名ですよね。矢立杉や第四鳥居周辺の巨木たちは、強力な浄化スポットとしても知られています。

89段ある石階段は、その段数と合わせて89(やく)落としの効果があるとされています。

圧巻の景色である一方で、石段そのものは歩きやすい踏み高となっています。

正参道の真ん中は神様の通り道とされているため、端を通るように心がけましょう。

また、征夷大将軍に任命され、東北制圧を行った彼の坂上田村麻呂の表矢が献上されたことから有名になった矢立杉。

こちらは、その歴史から現在でも必勝のご利益を期待されており、所願成就や心願成就を狙った「勝守」も高い人気を誇っています。

これらの通り道は、一貫して浄化力の高い龍道が流れているため、御朱印を求めて多くの著名人も訪れることで知られています。

縁結びの御利益その2:祀られてる神様による恩恵

高御産巣日神(タカミムスビノカミ)と神産巣日神(カミムスビノカミ)は、二柱一対の神様として知られています。

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)を含めた三柱の神様として、天地と万物を創造した根元の神々としても知られている、強い力を持っている存在なのです。

また、彼らは男女が結びつく手助けをしてくれる神様として、古くから日本で知られている神様でもあります。

この二柱の神々の活動が、朝廷と皇室に大きな影響を持つと言われて、非常に大切に祀られ続けていた歴史もあります。

この二柱の神々からのご利益を同時に受けることが出来るため、それぞれの運気をバランスよくアップさせることが出来るでしょう。

これは非常に大きなメリットであると言えますよね。

確実に縁を結ぶ

↓シェアしていただけると嬉しいです♪↓

関連記事もご一緒にどうぞ♪