伊佐須美神社の概要と、縁結びのご利益についてご紹介


1,400あまりの歴史を持つ「伊佐須美神社」は(560年に造営)清流に沿った静かで美しい場所にある神社です。

伊佐須美神社が有名なのは、伊弉諾尊と伊弉冊尊の夫婦神がお祀りされているためです。

伊佐須美神社の夫婦神(二神)は、縁結びのほか、事業の発展、方位よけ、開運招福、結婚(良縁成就)など、人生の転機に立つ者にご利益を授けてくれます。

また、復縁を成功させるご利益もあるとして多くの女性が詰めかけます。

社務所には「九星各星の吉凶方位」が記されており、方位除けのお守りや御札が置かれています。

伊佐須美神社には、自然(花や森)のエネルギー、大地のエネルギー(磐梯山と明神ヶ岳)、寺社を流れる水のエネルギー(清流)がバランス良く感じられ「会津でも屈指のパワースポット」として、大きな注目を集めています。

良縁を手に入れるなら下記ボタンをクリック!

良縁を手に入れる »

見どころがたくさんある伊佐須美神社

この神社の名物

伊佐須美神社は、一年を通して桜、あやめの咲く花の名所でもあります。

春には、本殿のご神木である薄墨桜が先、6月には、10万株のあやめなど競うように花が咲くことから「花の絶えない伊佐須美詣」と評されています。

伊佐須美神社では、毎年4月29日には「花祝祭」が行われます。

この祭りでは、参拝者には桜の花びらが入った餅が振る舞われます。

また、毎年7月12日には「お田植祭」が行われます。この祭りは福島県で最も古く、伊勢の朝田、熱田の夕田と並んで「日本三田植」として知られています。

このほか、毎年6月15日から7月5日までは「あやめ祭り」が開催されます。

この祭りでは、150種10株のあやめが境内を彩り、全国から多くの観光客が訪れます。

この神社のご利益

伊佐須美神社の御祭神は、伊弉諾尊、伊弉冉尊、大毘古命、建沼河別命の四柱です。

伊弉諾尊と伊弉冊尊は「夫婦神」として知られ、家内安全や良縁成就、家庭円満などにご利益があります。

伊佐須美神社の境内には、高松宮殿下御手植の松や天海僧正が手植をした桧、縁結びの紅葉などが植えられています。

境内を散策しているだけでも、清らかなエネルギーで満たされることでしょう。

このほかにも、伊佐須美神社は、磐梯山と明神ヶ岳という「異なる気を持つ山」がそれぞれあり、男神エネルギーと女神エネルギーの両面を持つ、バランスの取れたパワースポットとしても人気の場所です。

伊佐須美神社を訪れると「心身のバランスが取れる」と評判なのはこのためです。

観光を兼ねて参拝をすれば、心身共にリラックスした時間が過ごせるでしょう。

確実に縁を結ぶ

↓シェアしていただけると嬉しいです♪↓

関連記事もご一緒にどうぞ♪